ガラス工芸の技術のひとつで、熔解炉などで高温溶融されたガラスを、吹き竿に巻き取って、息を吹き込んで成形するガラス工芸技法です。

宙吹きと型吹きの二つの技法があります。
宙吹きはベンチと呼ばれる作業台を使用したりして、中空で吹き上げていきます。
型吹きは型に吹き込んで成形します。主に金型、木型、石膏型等が使われます。